積水ハウスを建てて18年。ついにレンジフードから爆音が発生!~原因究明編

リフォーム

修理代は3万円オーバー!

12月のある昼時。
昼食のためにお湯を沸かそうと、
ガスコンロに火を付けた。

「ふ~ふ、ふふふ~~ん♪」
そして鼻歌を口ずさみながら冷蔵庫を開けると……。

「ぶぉぼぼぼぉ~~~っ!」

突然背後から爆音が響いてきた。
昭和の時代の騒音に配慮していない掃除機のような音だ。

「うわわわわぁ~~~っ」
と慌てふためき、心臓はバクバク。

しかし、ほっとくわけにはいかない。
音源を探るために、そろり、そろりとガスコンロに近づく。
段々と爆音が爆爆音になっていく。

とうとうガスコンロの前に到着。
爆爆爆音が頭上から殴りつけるように響いてくる。

犯人はレンジフードだった。

我が家のレンジフードは、
ガスコンロの着火と連動して作動する。
なのでレンジフード自体のスイッチを切ると音が止まった。

我が積水ハウスは築18年。
その間、レンジフードは交換していない。
掃除は2年ほど前にプロに依頼したが、
それ以外は、あまり手をかけていないはず。
(嫁にお任せなので詳細は分からない)

お湯を沸かし終えた後、
再度レンジフードのスイッチを押してみた。
そのときの様子がこれだ↓

昭和の掃除機から未確認飛行物体に変身してしまった。
むしろこちらの音の方が耳に突き刺さって不快。

もう腹をくくるしかない。
18年間見て見ぬふりを続けてきた蓋(整流板)を開け、
音の原因を突き止めることにした。
きっと中の汚れを掃除すれば元に戻るはず。

開けると黒いフィルターが3枚現れた。

外すと油でベットベト。
洗剤でいくらゴシゴシしても、ちっとも綺麗にならない。

しかも音の原因はコイツでなかった。
外した後も電源を入れるとUFOが飛び回る。

身を乗り出して奥を覗く。
ぽっかりと穴が空いている。

取説を確認すると、
これがファンというヤツで、
作動中はクルクル回転し、異音をぶちまけているようだ。

ユーチューブを確認するとコイツも着脱可能で、掃除ができるらしい。
でも、取説には取り外し方法の記載がない。

私の図工の成績は万年「2」(5段階)。
なのでもう無理!
システムキッチン(クリンレディ)のメーカーであるクリナップに泣きつくことにした。

するとこの症状は、ファンの奥にあるモーターのベアリングがすり減って発生する、とのこと。
要するに汚れとは関係ない。
そして修理はモーター交換となり、
費用は3万1,570円ということだった。

先月も食洗機が壊れて3万8,500円も支払った↓
https://iehikaku.com/archives/820

2カ月連続の大量出費は、なまら痛い。
でも未確認飛行物体とは、絶対に仲良くなれない。
どうすれば……。

もしかして3万も払えば新品が買えるのでは!?

大至急、価格.comで調べてみた。
しかしながら当然ではあるが18年前の機種が今も販売されているはずがない。
なので同等グレードの機種の値段を探す。

ちなみに我が家のレンジフードはクリナップ製のシステムキッチンに付いてきたものだが、
同社に問い合わせるとメーカーは富士工業ということだった。

同等グレードはXGRシリーズの幅75㎝タイプ。
価格は12万円+工賃3万円=15万円程度だった。

一つ上のグレードであるOGRシリーズにすると、
10年間ファンの掃除が不要になる。
価格は14万円+工賃3万円=17万円程度。

どちらにしても修理代3万1,570円とは雲泥の差。

念のため近所のカインズホームにも確認に行った。
価格は、両グレードともほとんど同じ。
さらに10年間ファンの掃除が不要になる以外の現在使用している機種との違いを確認すると、
このような回答だった。

「最新の機種にはフィルターがないので、そこのお掃除が不要になります。
また、現在お使いの機種はファンを外すのにドライバ―が必要ですが、
最新機種は、工具不要でワンタッチで取り外しが可能です」

要するに基本性能は同じで、若干掃除が楽になるだけ。
ほとんど掃除をしない我が家には刺さらない。
なので修理=モーター交換をすることに決めた。

さて、工事の様子はどうだったのか。
このとき衝撃の事実も聞けたので次回お伝えします!

つづく

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました