『年収400万円で建てる都心の注文住宅』

編集協力
ここまでやれば年収400万円でも建てられる!
編集協力させていただき7月に発売した本をご紹介します。
『年収400万円で建てる都心の注文住宅』(奧本健二著)
年収400万円20180921_05.jpg
最近は地価が安くなったことなどから職住近接のニーズが高まっています。
そこでまず考えるのが都心のマンション購入でしょう。
なぜなら一戸建ては高いから。
おそらく最低でも7~8000万円くらいすると思われているのではないでしょうか。
これくらいの価格になると年収1500万円前後ないと手が出ないので、
一般的なサラリーマンでは無理……。
ところが年収400万円でも都心に新築一戸建てを持てるのです。
しかも注文住宅で。
いや、むしろ注文だから可能になります。
その理由を少し明かしてしまうと、
「狭小地または変形地に建てるから」
しかし、このような土地に家を建てると住み心地が悪くなりそうです。
「そうなりません! 狭小地・変形地でも、
快適で素敵な家が建てられます!」
というのが本書のテーマ。
その秘訣をきれいなカラー写真を用いて分かりやすく解説しています。
住宅ライターとして11年の私でも、
「目からウロコ」
の内容でした。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

年収400万円で建てる都心の注文住宅 [ 奧本健二 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/9/21時点)

 

楽天で購入

 

 

タイトルとURLをコピーしました