●スポンサードリンク●



おーぶ

2018年09月21日

『年収400万円で建てる都心の注文住宅』

ここまでやれば年収400万円でも建てられる!

編集協力させていただき7月に発売した本をご紹介します。

『年収400万円で建てる都心の注文住宅』(奧本健二著)
年収400万円20180921_05.jpg

最近は地価が安くなったことなどから職住近接のニーズが高まっています。
そこでまず考えるのが都心のマンション購入でしょう。
なぜなら一戸建ては高いから。

おそらく最低でも7〜8000万円くらいすると思われているのではないでしょうか。
これくらいの価格になると年収1500万円前後ないと手が出ないので、
一般的なサラリーマンでは無理……。

ところが年収400万円でも都心に新築一戸建てを持てるのです。
しかも注文住宅で。
いや、むしろ注文だから可能になります。

その理由を少し明かしてしまうと、
「狭小地または変形地に建てるから」

しかし、このような土地に家を建てると住み心地が悪くなりそうです。

「そうなりません! 狭小地・変形地でも、
快適で素敵な家が建てられます!」

というのが本書のテーマ。
その秘訣をきれいなカラー写真を用いて分かりやすく解説しています。

住宅ライターとして11年の私でも、
「目からウロコ」
の内容でした。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

年収400万円で建てる都心の注文住宅 [ 奧本健二 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/9/21時点)

楽天で購入

タグ:狭小住宅
posted by 前太 at 11:49 | Comment(0) | 編集協力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

『大家さんのための空室対策リノベーション』発売

本日より当ブログを「フリーライター・住宅ジャーナリスト椎名前太の業務日記」に変更しました。
フリーライター・住宅ジャーナリスト椎名前太が日々行っている編集協力などの業務記録を綴ります。
「いかに分かりやすく伝えられるか!」が業務テーマです。

第1弾は最近編集協力をさせていただいた本をご紹介します。
『大家さんのための空室対策リノベーション』(前田浩著)

FullSizeR (002).jpg


著者は30年に渡って、数十万件の賃貸物件の原状回復・リフォームを行ってきた会社の経営者です。
アパート、マンション問わず賃貸物件のリフォーム・リノベーションに疑問に一問一答形式で回答しています。

「空室が目立ってきた」
「リフォームをした方がいい?」
「では、どこから手をつける??」
といった悩みを持つ大家さんはぜひご一読を!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大家さんのための空室対策リノベーション [ 前田浩(リフォーム業) ]
価格:864円(税込、送料無料) (2018/9/19時点)

楽天で購入


タグ:リフォーム
posted by 前太 at 10:49 | Comment(0) | 編集協力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

2017年度大手ハウスメーカーZEH実積率ランキング

坪単価の高さとは比例しない!?


住宅産業新聞が大手ハウスメーカー12社のZEH実積率をまとめた。
(Nearly ZEH含む)

2017ZEH実積率.jpg
※住宅産業新聞のデータを基に椎名前太が作成

ZEH(Net Zero Energy House)とは、
家の消費エネルギーを太陽光発電システムなどを設置することで、
プラスマイナスゼロ以下にする家のこと。

その実積率とは受注に占めるZEHの割合のことだ。

1位は2年連続で積水ハウス。
2位はもともと圧倒的な高気密・高断熱を誇っていた一条工務店。
この2社が他を引き離している。

そこであることに気づいた。

「ZEHの実積率と坪単価の高さは比例しないではないか!」

2017年度坪単価ランキングはこちら↓

坪単価トップ3の住友林業、三井ホーム、旭化成ホームズのZEH実積率はけっして高くない。
それどころか昨年までずっとトップだった三井ホームの実積率は最下位だ。

このことから年々坪単価がアップしている要因は、
ZEHの普及率上昇がメインではなく、
高級路線の拡大といったほかのことが強いように思える。

続きを読む
posted by 前太 at 12:02 | Comment(0) | ZEH実積率ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


●スポンサードリンク●



需要供給