●スポンサードリンク●

2021年07月15日

単身高齢者の賃貸住宅への入居を促進する国の施策を紹介(ホームズプレス)

高齢者は賃貸住宅を借りられない!?

気づけばアラフィフになってしまった。
20代は「自分の将来が楽しみだ!」と希望にあふれ、
30代は「オレの人生はこんなもんじゃない!」ともがき、
40代前半は「もうこのままでいいかな?」と妥協が芽生え、
アラフィフの今は人生の締めくくりを想像しはじめている。

そこには「田舎でのんびり暮らそう!」といった希望と、
「もしかしたら楽じゃない最期になる?」といった不安が半々だ。

不安の大きな原因は日本の高齢化。
国立社会保障・人口問題研究所の2018年人口推計によると、
65歳以上の人口割合は、2015年は26.6%(約4人に1人)だったが、
30年後の2045年には36.8%(約3人に1人)に増加するという。

高齢者の増加⇒年金受給額減⇒苦しい老後

そして社会も高齢者に優しくなくなっていくような気がする。
なぜなら今でも優しくないからだ。

例えば
高齢者の住まい。
高齢者が賃貸住宅を借りたくても管理会社や大家は、
孤独死や死亡後の賃借権と物件内の家財(残置物)などの問題で、
嫌がることが多い。

そこで国土交通省は
「残置物の処理等に関するモデル契約条項(ひな形)」
を策定した。

なぜこれが単身高齢者の賃貸住宅への入居を促進するのか?
くわしくはホームズプレスで書いています。

自分の老後が気になり始めた人、
そして
現在部屋を探そうとしている高齢の方はぜひご一読を!↓
https://www.homes.co.jp/cont/press/rent/rent_00916/

ビール.jpg
posted by 前太 at 19:10 | Comment(0) | 連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月12日

高齢化による地域衰退対策としてのコワーキングスペース(ホームズプレス)

多世代コミュニティの創造による地域の魅力度アップを狙う!

全国的に高齢化に伴う地域の衰退が問題となっている。
千葉県習志野市の袖ヶ浦団地もその一つ。


P5240230.JPG

そこでUR賃貸住宅の管理業務などを行う日本総合住生活株式会社は、
銀行の退店によって生まれた空き施設を期間限定のコワーキングスペース「Join Spot 袖ヶ浦」としてオープンさせた。
狙いは多世代コミュニティの創造による袖ヶ浦団地の魅力度アップだ。

いったいどのようなコワーキングスペースなのか?
くわしくはLIFULL HOME'S PRESS(ホームズプレス)↓で書いています。
ぜひご一読を!
posted by 前太 at 14:16 | Comment(0) | 連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月22日

ローン審査不要! トランクルーム投資解説本の編集協力をしました。

100万円台ではじめられる東京の不動産投資

私は個人事業主だ。
お陰様で今のところ食べるには困っていないが、
来年はどうなるか分からない……。

ずっとそんな気持ちを抱いたまま、
十数年過ごしてきた。

そして私の職業はフリーライター。
特に不動産関連が得意で、
不動産投資に関する本の編集協力を30冊前後行ってきた。
(編集協力自体は50冊前後)

お金に対する不安が常にある&不動産投資の知識もある。
なので必然的に投資用不動産を手に入れようと、
かれこれ5年以上動いている。

でも買えない。
なぜなら、しがないフリーライターなので投資用不動産ローンが組めないから。
現在のように投資用不動産の融資審査が厳しくなる前から、
フリーライターというだけで銀行からは門前払い。
恐らく10回は融資審査を申し込んだが全滅だった。

なので今はほとんど諦めてイデコ(個人型確定拠出年金)でチビチビお金を増やしている。
でも老後に必要な2000万円を貯めるには200年くらいかかりそう……。

そんな
・老後のお金に不安がある
・投資でお金を増やしたい
・でも自己資金がない
・さらに投資用不動産ローンの審査が通らない
という人に朗報です。

世の中には
自己資金100万円台でスタートできるトランクルーム投資
というものがありました。

これならローン審査は不要。
しかも東京のど真ん中の物件に投資できて、
実質利回りは20%前後!

これはイデコよりおいしいはず。

くわしくは今回編集協力をさせていただいた
『自己資金100万円台ではじめる不動産投資』浦川浩貴氏(著)
で解説しています。

IMG_2881.jpeg

コロナ禍でますますお金の不安が増大している昨今。
トランクルーム投資は資産家でなくても手軽に始められます。
興味がある方はぜひご一読を!




posted by 前太 at 16:27 | Comment(0) | 編集協力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
「書籍の編集協力ならお任せください!」
年間5~6冊の本を執筆しているフリーライター椎名前太のホームページ↓
https://www.zenta1.com/


●スポンサードリンク●



需要供給