●スポンサードリンク●



おーぶ

2014年12月22日

東急ホームズ「ミルクリーク」のQ値が、より暖かい1.06に!

理由は構造が2×4から2×6になったから

東急ホームズの「ミルクリーク」の断熱性能が大幅にアップした。
Q値が1.3から1.06(U値0.35)になったのだ。

ミルクリーク.jpg

以前調べたところだと、
ハウスメーカーの断熱性能ベスト3は以下のようになっていた。

1位 一条工務店 Q値0.76
2位 スウェーデンハウス Q値1.14
3位 東急ホームズ Q1.3

くわしくはこちらで確認を↓
http://iehikaku.com/article/370766530.html

ということは、同社は2位になったということだ。
その理由は構造を2×4から2×6にしたから。

4インチ≒8センチ
6インチ≒14センチ
したがって約6センチ厚い断熱材を使用できるようになった。

先日雑誌の取材で東京大学のある教授にインタビューをした。
その際、寒くない家にするには最低限どのくらいの断熱性能が必要かをたずねると、
Q値でいえば2.0、U値でいえば0.6くらいあれば断熱性の高さを十分体感できるはず、とのことだった。


くわしくはこちらをご覧ください↓



同モデルは最低限のレベルを大幅に超えている。

Q値2.1程度の我が家では納得できない寒がりの私としては、
どのくらい暖かいはぜひ体感してみたい。

どれくらい納得していないかはこちら↓
http://menchi-da.blog.so-net.ne.jp/2009-04-01
posted by 前太 at 09:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東急ホームズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

2013年度大手ハウスメーカー売上高ランキング

大和ハウスはもうすぐ3兆円!?

2013年度の大手ハウスメーカーの業績は、
消費税増税の駆け込み需要で、
どこも絶好調だった。

今回公表する10社すべてが2ケタ、またはそれに近い増収だった。





では、2013年度大手ハウスメーカー売上高ランキングはこちらです↓



2013売上高2.jpg
*ちなみに一条工務店の2013 年3 月期決算は、2012 年3 月1 日〜 2013 年3 月31 日の13 ヵ月間で2807億円


1位の大和ハウスの売上げは、前年から7000億円近くアップ。
もうすぐで3兆円に手が届く。
これは12年度中に買収した準大手ゼネコン、フジタの業績が良かったことが大きかったようだ。
http://www.fujita.co.jp/

旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)は、3期連続で過去最高を更新。
施工効率をアップさせて受注残を着実に竣工させたことによる。

初の3000億円突破を達成したパナホームは、
前回書いたように「エコ・コルディス」が同社としては初めて、
年間1000棟を超える受注を記録したことが大きい。


一方で今年度は反動減でどこも苦しい様子。

・太陽光発電で光熱費ゼロ
・賃貸併用で住宅ローン軽減
・二世帯住宅で相続税対策

といった企画でがんばっているけど、
そんなのなくても今は信じられないくらい低金利だし、
買い時だと思うんだけどなぁ。

posted by 前太 at 11:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 売上高ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

2013年度大手ハウスメーカー販売戸数ランキング

積水ハウスの圧倒的勝利!

2013年度の大手ハウスメーカー販売戸数が出そろった。

並べて見るとすべてのメーカーがアップ。
やはり消費税増税前の駆け込み需要はすごかった。

ちなみに前年度(2012年)の販売戸数はこちら↓

2012販売戸数.jpg
そして最新2013年度の大手ハウスメーカー販売戸数ランキングはこちら↓


目




がく〜(落胆した顔)




exclamation&question




exclamation×2




犬




パンチ









2013販売戸数.jpg
*住宅産業新聞のデータをもとに椎名前太作成

1位は永久不動の積水ハウスだが、
ほかのメーカーもがんばっている。

たとえばパナホームは、大容量10kW以上の太陽光発電システム搭載の、
「エコ・コルディス」が同社初の単一商品で年間1千棟を超える受注となり、
戸数アップに貢献した。

一般的に10kw以上の太陽光発電システムを採用すると、
片流れの大屋根となり、北側斜線のためによほど大きな敷地でないと建築が難しい。
しかし、同商品は北側の棟の高さを抑えながら大屋根を実現。太陽の光をより多く集めることに成功している。

slide3_home[1].gif
パナホームHPより


このように各社販売戸数を伸ばしたため、
業績も過去最高記録が続出。
くわしくは次回紹介する。

とはいえ、問題は2014年度。
駆け込みの反動減でどこもかなり苦戦中。

こんなときこそメーカーの底力が明らかになるはずだ。

底力といってもつまりは「値引き力」かもしれないけど。
住宅ローン減税やすまい給付金↓もあるし、
http://iehikaku.com/article/377255121.html
安く買うなら今年がチャンスかな??
posted by 前太 at 09:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 販売戸数ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


●スポンサードリンク●



需要供給