●スポンサードリンク●

2021年01月15日

2019年度大手ハウスメーカー平均坪単価ランキング

ついに住友林業・三井ホームが坪単価100万円超!

住宅産業新聞のデータを基に、
2019年度大手ハウスメーカーの坪単価ランキングを作成した。
(これが2021年1月15日現在の最新データです)

ちなみに2018年度のランキングはこちら↓

2018坪単価.JPG
長年トップだった三井ホーム(医師などお金持ちのオーナーが多い)を抜いて、
住友林業が首位に立った。

では、2019年度は……?





2019坪単価.JPG
再度、住友林業がトップ!
しかも2位の三井ホームと共に、
ついに平均坪単価が100万円を突破した。

筆者が積水ハウスで家を建てた17年前(2004年)の平均坪単価は、
70万円前後だったと記憶している。

そこから各社こんなにも平均坪単価が上昇している理由は、
住宅の高性能化・高級化だ。

高断熱・高気密化と太陽光発電システムの導入などによって、
家のエネルギー消費の収支を実質ゼロにするZEH(ゼッチ)仕様を普及させること、
そして内外装の部材のグレードアップや大空間リビングの導入などによる高級化によって、
坪単価がぐんっと上がっているのだ。

1棟当たりの平均単価がもっとも上昇した大和ハウスは、
18年度のZEH普及率が29%だったが、
19年度には41%に増加している。

一戸建て最大手の積水ハウスは、
同3.1%増の85%となっている。
さらに積水ハウスは、20〜22年度の中期経営計画で棟単価5000万円超の最高級商品の拡販を掲げている。

また、住友林業が坪単価ナンバーワンを維持した理由の一つに、
平屋率の高さがあるようだ。
平屋は同じ延べ床面積の2・3階建てに比べて、
建築費の中でもコストがかかる基礎や屋根の面積が大きくなる。
さらに広い土地を要する平屋を希望する施主は、
比較的富裕層が多いということもあるだろう。
そういった理由で2・3階建てよりも高額になる傾向がある。
住友林業の19年度の平屋率は、
受注ベースで28%(同2%増)。
この数値は大手ハウスメーカーの中では、
かなり高いと言えるだろう。

国は今後、低酸素社会の実現のため、
ZEH仕様の義務化などを推し進めるはずだ。
つまり新築住宅のすべてが高気密・高断熱仕様で、
太陽光発電システムや蓄電池が標準装備となる。
そのため、住宅の坪単価はさらに上昇するだろう。

では、その上昇分の費用は誰が負担するのか?
富裕層しか家を買えなくなる?
税金?
それならば財源は?

果たして我々の住環境の未来は明るいのだろうか?

2021年01月08日

年末に突然「引き戸が重い!」 積水ハウスの年中無休カスタマーズセンターへ相談してみると……。

愚痴は聞いていただきましたが……。

我が家は積水ハウス。
築16年。
15年点検では異常個所はなく、
外壁の塗り直しも屋上床の張り直しもしていない。
「イニシャルコスト(初期費用)は高くてもランニングコストが安いものを」

という当初の狙いどおりだ。

積水を含む大手ハウスメーカーの価格は、
一般的な工務店より2割から3割高い。
工務店の家が2000万円の家なら2500万円。

最初は
「500万円も差があるなら小ベンツが買えるじゃないか!?」

と腰を抜かしたが、
「いやいや、不具合の連続でストレスが溜まるくらいなら」

「手放すときに高く売れるなら」
と考えて脱サラ前に急いでローンを組んだ。

とはいえである。
さすがに16年も経つと細かいところが傷んでくる。

目立つのは壁紙のつなぎ目の剥がれ。
最初はシャープペンで引いたような黒い線からはじまり、
年々それが太くなり、
今では2〜3mmめくれているところがある。

でも全体から見ればほんの一部だし、

日常生活には支障がないし、
貼り直すなら家具をどかさなければならないし、
で気にしないことにしていた。

ところがである。
どうしても気になることが発生してしまった。
我が家に一つしかない引き戸が突然重くなったのだ。

1.jpg
↑長細く見えるがそれは左側に本棚があるから

今までは取っ手に指を引っかけるだけで
すいぃ〜っと開いたのに、
両手でグイグイやらないと開かない。
毎日必ず数回通るので結構なストレス。

IMG_0645.jpeg

レールにシリコンスプレーをかけてみたが効果はまったくなし。
時は年末。
「よし、仕事納めの翌日である12月30日に本棚をどかしてチェックしてみよう!」
と腹をくくった。

「腹をくくる」と聞くと大袈裟に思えるかもしれないが、
その本棚は高さ230p、幅150pの結構な大物。
本が入った状態では推定200〜300kgはある。
なのでどかすとなると大量の書籍を抜かなければならないのだ。

早速嫁と交渉開始。
「オレが引き戸を直すから、お前は本を抜いて戻して

微妙な雰囲気で交渉成立。
嫁の作業終了後に本棚の裏に入り込むと……。

2.jpg

きっちゃな〜い。
ほこり、髪の毛、犬の毛が溜まったところに、
シリコンスプレーをかけたので黒く貼り付いている。
そりゃ〜戸が重くなるわけだ。

大至急MAKITAのコードレス掃除機で汚れを吸い取り、
雑巾がけしたあとに再度シリコンスプレーを吹き付けた。
結果は?

10%改善……。

明らかに軽くなったことは分かるのだが、
開けるのに両手が必要なことは変わらない。

「全然ダメです!」
と嫁に言い切られ、
最後の手段を考える。

引き戸を外して戸車を分解する!

ここは男のパワーの見せ所。
「えいやっ!」と引き戸をつかみ、
「おりゃっ!」と持ち上げ、
「〇〇ちゃーん!」と嫁の名前を呼び、
2人で担いで廊下に置いた。

戸車と戸本体の隙間を凝視する。

4.jpg

やはり、髪の毛などが詰まっている模様。
早速戸車を外そうとする。
だがやり方が分からない。
ネジは3つ
そのうち2つは「上下」「左右」と書いてある。
下手にいじるとセッティングが狂いそうだ。

ネットでやり方を検索したが、
同じ商品が見つからない。

私の図工・技術の通信簿は「2」(5段階)。
そもそもこういうことは苦手で嫌いだ。
では、どうするか?
嫁が「早く本を戻したい」とおせち料理の本を読むフリをして待っている……。

そこで思い出した。
積水ハウスのカスタマーズセンターがあるじゃないか!

ちょうどその前日に積水ハウスのオーナー向け情報誌『きずな』を読んでいて、
「この度24時間365日受付のカスタマーズセンター”オーナーデスク”を開設しました」
という記事を読んでいたのだ。
ここなら12月30日でも頼りになるだろう。

5.jpg

さすが業界最大手の積水ハウス。
コロナ禍でもやることがビッグ👊
500万円多く支払った価値があった

いつも積水ハウスは電話をすると、
すぐに手元に図面を用意できるようで、
的確に対応してくれる。

今回も
「その引き戸の型番が分からないので即答できません」
とはならないだろう。

大至急フリーダイヤルの番号を押した。
するとすぐにオペレーターが出てくれた。
「おぉ〜、12月30日なのに機械音声ではなく生声だ!」

感動を噛みしめつつ状況を説明した。
そして
「少々お待ちください」
の後に保留音。
きっと引き戸の図面を用意しているのだろう。

待つこと約1分。
「今回の件はお客様のメンテナンス担当者が対応させていただきます。
仕事初めは1月4日からですが、5・6日は定休日なのでご連絡は7日になるかもしれません」

🐶


🐶


🐶


🐶


……。
それって24時間365日受付の意味があるの?
こちらのメリットは「壊れちゃったんだけど」と愚痴を聞いてもらえることだけ?

まぁ、そもそも年末だから仕方がない。
「どうなっても7日には何とかなるだろう」
と再度腹をくくって
「上下」「左右」
と書いていない残り一つのネジを外すことにした。

6.jpg

すると、ぱこっと外れるではないか。

7.jpg

そして戸車に絡まったホコリや髪の毛、犬の毛がゴソっと出てきた。

8.jpg

あまりのボリュームにびっくり仰天。
これだけ入っていれば回転しないはず。
念入りに取り除いたあとにシリコンスプレーを吹き付けた。

結果は大成功!

9.jpg

指一本どころか息を吹きかけても開くくらい軽くなった
人間、いくつになっても苦手意識を持たずに挑戦するものですね。
posted by 前太 at 17:55 | Comment(0) | 積水ハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月25日

消防士専用の資産形成指南本の編集協力をしました!

公務員でも将来安泰とは決して言えない時代に

消防士には「正義の味方」「縁の下の力持ち」「さわやか」といったイメージを持つ人が多いだろう。
しかし、仕事自体は非常に重労働。
現場では何十kgという重い装備を身につけ、
35度を超えるような酷暑の中でも迅速に活動しなければならない。
そのためのハードなトレーニングも毎日欠かせない。
また、自分も含めた人間の死も身近にある。

「とはいえ、公務員だから経済的には安心」
といえばそうでもない。

固く守られている年功序列によって昇任の見込みは立たず、
給与の源泉である税金は、人口減によって減り続けている。
さらに公務員にとって頼みの綱の年金は、厚生年金に一元化されたことで減ることになっている。

それゆえ、たとえ公務員である消防士でもこれからは、
「自分の資産は自分で守る」という行動が必要だ。

にもかかわらず、消防士は比較的休日が多いので、
お金が貯まらない人が多いという。

そこで今回、消防士専用の資産形成指南本
『なぜ消防士は不動産投資に向いているのか?』
の編集協力をさせていただきました。

消防士.jpeg

著者の本橋亮氏は公務員をおもな顧客とする不動産投資会社の代表。
しかも現在も仲良くされているお義父様は約40年消防士を勤め上げた方。

本書は消防士という立場を最大限に活かせる不動産投資ノウハウを、
非常に分かりやすく解説しています。

この本は消防士の方のためだけに書かれた本です。
今は投資に興味がない方でも消防士なら得るモノが必ずあるはず。
ぜひご一読を!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ消防士は不動産投資に向いているのか? [ 本橋 亮 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/12/25時点)

楽天で購入



posted by 前太 at 11:40 | Comment(0) | 編集協力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
「書籍の編集協力ならお任せください!」
年間5~6冊の本を執筆しているフリーライター椎名前太のホームページ↓
https://www.zenta1.com/


●スポンサードリンク●



需要供給