●スポンサードリンク●



おーぶ

2019年03月06日

生前から死後に渡って高齢者の住まいを支援する「中野区あんしんすまいパック」

「生前」と「死後」の両方をパッケージ化したサービス


高齢者の単身世帯が増加している。
そこで課題となるのが高齢単身者の住居の確保だ。
民間賃貸住宅のオーナーは、孤独死や家賃滞納の不安などの理由から高齢単身者の入居にあまり積極的でないことがある。

実際に単身高齢者の自宅での死亡者数は年々増加傾向だ。
東京23区を例にすると2011年から2016年の5年間で約1.2倍になっている。

このような背景から東京都中野区は2019年1月に「中野区あんしんすまいパック」を導入した。
同制度は自治体が「生前」と「死後」の両方をパッケージ化したサービスに対して補助を行うという全国初の試みだ。
くわしくはホームズプレスで解説しています。

https://www.homes.co.jp/cont/press/rent/rent_00652/見守り.JPG
(出典:中野区長記者会見資料)

posted by 前太 at 09:29 | Comment(0) | ホームズプレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

木材の品質や性能などの基準を定めたJAS規格の利用拡大事業をくわしく解説!

同じ樹種の木材でも品質に差がある

木材は建築資材として非常に有用だ。
地球温暖化の原因となる大気中の二酸化炭素を固定するし、
鉄骨などほかの資材に比べて比較的安価なところも魅力。

しかしながら、どんな木材でもいいわけではない。
木材の品質、性能、大きさ、形状などの一定基準を定めているのがJAS規格(日本農林規格)制度。
これは農林水産大臣が制定した基準を満たす商品にのみJASマークを付けることができる任意の制度だ。
つまり、このマークがついている木材で建てられた建物は、より安心できるということだ。


国は、非住宅分野の建築物などに対して「JAS構造材利用拡大事業」を行っている。
その内容をホームズプレスにてくわしく解説しました。
一般ユーザーにとってJAS構造材を使用しているか否かの確認ができることは、
建物に対する安心材料になるはず。
ぜひご確認を!
https://www.homes.co.jp/cont/press/buy/buy_00856/

木材.jpg
タグ:JAS構造材
posted by 前太 at 18:26 | Comment(0) | ホームズプレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

100円ショップグッズで効率的に大掃除をする方法

楽に「あともう少しなのに……」の汚れが取れる!

いよいよ明日は大晦日。
大掃除へ向けて重い腰を上げる人も多いのではないだろうか。

だが、忘年会の疲れや寒さなどで、
「できれば簡単に済ませたい」というのが本音だろう。

そこで意外に役立つのが100円ショップグッズだ。
サッシのレールの隅や網戸の高い部分などを簡単にきれいにする。
実際に使ってみてその威力は想像だった。

その様子をホームズプレス↓で紹介しています。
「あともう少しなのに……」の汚れを楽に取りたい人は、ぜひ一読を!

スライド2.JPG
↑一般的なペットボトルに装着するサッシレール用ブラシ。雑巾ではどうしても届かない隅にたまった土埃をいとも簡単に取り去った
タグ:大掃除
posted by 前太 at 10:42 | Comment(0) | ホームズプレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


●スポンサードリンク●



需要供給