●スポンサードリンク●

2021年06月22日

ローン審査不要! トランクルーム投資解説本の編集協力をしました。

100万円台ではじめられる東京の不動産投資

私は個人事業主だ。
お陰様で今のところ食べるには困っていないが、
来年はどうなるか分からない……。

ずっとそんな気持ちを抱いたまま、
十数年過ごしてきた。

そして私の職業はフリーライター。
特に不動産関連が得意で、
不動産投資に関する本の編集協力を30冊前後行ってきた。
(編集協力自体は50冊前後)

お金に対する不安が常にある&不動産投資の知識もある。
なので必然的に投資用不動産を手に入れようと、
かれこれ5年以上動いている。

でも買えない。
なぜなら、しがないフリーライターなので投資用不動産ローンが組めないから。
現在のように投資用不動産の融資審査が厳しくなる前から、
フリーライターというだけで銀行からは門前払い。
恐らく10回は融資審査を申し込んだが全滅だった。

なので今はほとんど諦めてイデコ(個人型確定拠出年金)でチビチビお金を増やしている。
でも老後に必要な2000万円を貯めるには200年くらいかかりそう……。

そんな
・老後のお金に不安がある
・投資でお金を増やしたい
・でも自己資金がない
・さらに投資用不動産ローンの審査が通らない
という人に朗報です。

世の中には
自己資金100万円台でスタートできるトランクルーム投資
というものがありました。

これならローン審査は不要。
しかも東京のど真ん中の物件に投資できて、
実質利回りは20%前後!

これはイデコよりおいしいはず。

くわしくは今回編集協力をさせていただいた
『自己資金100万円台ではじめる不動産投資』浦川浩貴氏(著)
で解説しています。

IMG_2881.jpeg

コロナ禍でますますお金の不安が増大している昨今。
トランクルーム投資は資産家でなくても手軽に始められます。
興味がある方はぜひご一読を!




posted by 前太 at 16:27 | Comment(0) | 編集協力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月31日

研修医がお金のことに強くなるための本を編集協力しました!

お金の知識がない研修医は必ず損をする!

「医師になれれば一生安泰」
普通の人はそう思っているだろう。
実際に医師の平均年収は1169.2万円。
同じく超難関資格の弁護士が728.6万円だから、
かなり高収入といえる。
(厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」)

だが、今後も医師免許さえあれば食べていけるのか、
といえば、かなり怪しい。
医療費削減政策、AI技術の導入、さらにコロナ禍の影響による一般外来患者の減少
などで医師の収入は確実に減るという見方が強まっている。

それゆえ、対策を打つなら早ければ早いほどいい。
特に医師の中でも若年層となる研修医ならば対策は効果的だ。

『研修医のための金融リテラシー講座』
の著者である大山氏は、医師の顧客数が日本一の不動産投資会社の代表。
「日本の医師は金融リテラシーが低いので、お金のことで失敗する可能性がある」
と警笛を鳴らしている。

IMG_2217.jpeg

そして本書では、研修医がこれから行うべき資産形成の秘訣やありがちな失敗例を
不動産投資だけでなく、
・キャリア(転職等)
・保険
・税金
などのスペシャリストへのインタビューによって解説している。

この本の編集協力をさせていただきました。
研修医の方々は、コロナ禍ということもあり、
忙しくて忙しくてどうしようもないはず。

でも、その忙しさは一生続くかもしれません。
ならば無理やりにでも時間を作って本書を読んでいただきたい。
その時間は無駄にならないはずです!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

知らないあなたは将来損をする!研修医のための金融リテラシー講座 [ 大山 一也 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2021/3/31時点)

楽天で購入


posted by 前太 at 18:06 | Comment(0) | 編集協力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月25日

消防士専用の資産形成指南本の編集協力をしました!

公務員でも将来安泰とは決して言えない時代に

消防士には「正義の味方」「縁の下の力持ち」「さわやか」といったイメージを持つ人が多いだろう。
しかし、仕事自体は非常に重労働。
現場では何十kgという重い装備を身につけ、
35度を超えるような酷暑の中でも迅速に活動しなければならない。
そのためのハードなトレーニングも毎日欠かせない。
また、自分も含めた人間の死も身近にある。

「とはいえ、公務員だから経済的には安心」
といえばそうでもない。

固く守られている年功序列によって昇任の見込みは立たず、
給与の源泉である税金は、人口減によって減り続けている。
さらに公務員にとって頼みの綱の年金は、厚生年金に一元化されたことで減ることになっている。

それゆえ、たとえ公務員である消防士でもこれからは、
「自分の資産は自分で守る」という行動が必要だ。

にもかかわらず、消防士は比較的休日が多いので、
お金が貯まらない人が多いという。

そこで今回、消防士専用の資産形成指南本
『なぜ消防士は不動産投資に向いているのか?』
の編集協力をさせていただきました。

消防士.jpeg

著者の本橋亮氏は公務員をおもな顧客とする不動産投資会社の代表。
しかも現在も仲良くされているお義父様は約40年消防士を勤め上げた方。

本書は消防士という立場を最大限に活かせる不動産投資ノウハウを、
非常に分かりやすく解説しています。

この本は消防士の方のためだけに書かれた本です。
今は投資に興味がない方でも消防士なら得るモノが必ずあるはず。
ぜひご一読を!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ消防士は不動産投資に向いているのか? [ 本橋 亮 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/12/25時点)

楽天で購入



posted by 前太 at 11:40 | Comment(0) | 編集協力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
「書籍の編集協力ならお任せください!」
年間5~6冊の本を執筆しているフリーライター椎名前太のホームページ↓
https://www.zenta1.com/


●スポンサードリンク●



需要供給