●スポンサードリンク●



おーぶ

2016年07月22日

2015年度大手ハウスメーカー販売戸数ランキング

ほとんどのハウスメーカーが苦戦!


大手ハウスメーカーの2015年度の業績が出そろった。
売上で言えば大和ハウスが相変わらずダントツのナンバーワンだが、
同社の強みは賃貸住宅や商業施設。
しかし、本ブログで気にするのはあくまで一戸建てだ。

販売戸数が多いということは、
没個性になるといったデメリットはあるものの、

・大量仕入れによるコストダウン
・不具合の発生も多い⇒品質向上
・クレームも多い⇒アフターフォロー体制が改善

といった好循環も生む。

そこで2015年度大手ハウスメーカー販売戸数ランキングを作成した。

ちなみに2014年度のランキングはこちら⇣
2014販売戸数.jpg
それでもって2015年度はこちら⇣





























2015販売戸数.jpg

今年も1位は積水ハウス。
ダントツの1万3612戸。

とはいえ、前年比はなんとマイナス10.8%。
売れていないのはどのメーカーも同じで、
トヨタホーム以外はすべて前年比マイナス。

どこも太陽光発電システムの設置や、
高級モデルの販促で、
1戸あたりの単価は上げている。
くわしくはこちら⇣
http://menchi-da.blog.so-net.ne.jp/2016-07-19

しかし、全体としての市場環境は厳しいようだ。
人口は減るし、空き家は増えるし、で今後はさらに苦戦するはず。

そんななか、トヨタホームに次いでがんばっているのが
旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)

マイナス幅を1.6%に留めて、
営業一人当たりの販売戸数は、
ダントツの15.5戸。

毎月1戸以上は売っていることになる。

エス・バイ・エルの5倍以上だ。
(同社の年間3戸っていうのがひどすぎるけど)

同社の営業スタイルは
理論武装&スマート
それは10年以上変わっていない。
くわしくはこちら⇣
http://menchi-da.blog.so-net.ne.jp/2007-03-14

やはり当たり前のことを当たり前にやることが大事だと、
分からされる数字でした。
posted by 前太 at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 販売戸数ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

2014年度大手ハウスメーカー販売戸数ランキング

値引き交渉をするなら今がチャンス!

どこの市場にもスケールメリットというものが存在する。
私がカー雑誌の広告営業をしているときもコイツに散々振り回された。

10ページ出稿する会社が1ページ出稿する会社よりも広告料が安いのは当たり前。
クライアントからネチネチ責められ、会社に持ち帰り上司と相談。
「2ページサービスで値引きは一切なし!」
という戦術で翌日上司と商談に向かうと、3分で半額にする話が勝手にまとまってしまい、
「オレの営業成績をたった3分で下げるな!」
と心で絶叫したことが何度あったことか・・・・・・。

とにかく大きな会社というものは、
同じ品物を安く仕入れることができ、
また同じ価格ならより高品質なものを提供できるのだ。

これはハウスメーカーでも同じことがいえる。
たとえば同じシステムキッチンでも大手と中小では圧倒的に仕入れ値が違うはずだ。
だからといって住宅の選択要因は部材の品質だけじゃなく、
趣味や思想、設計力といった会社の大小に関係ない部分も大きいのだけれど。

そこであくまで参考に、ということで、
今年も大手ハウスメーカー販売戸数ランキングを発表します!











2014戸建て販売.jpg

エス・バイ・エル(「ヤマダ」が抜けてました。訂正します)以外はすべて前年比ダウン。
これは消費税増税の反動減がおもな理由。

ところが実は営業利益はアップしている会社もある。
これは相続税の増税によってアパートなど賃貸住宅の販売が伸びたことが大きい。
増税に関してはこちらで確認を↓
http://home.adpark.co.jp/contents/sozokuzei/

したがってやはり注文住宅に関しては、
どこのメーカーも苦戦しているのだ。

そこで現在、値引き競争が激化しているという。
つまり値引き交渉をして良い条件を引き出すには、
今がチャンスということ。

どこの会社でも
「普段はあり得ないけど、売らないよりはマシな価格」
という価格がある。

営業担当は、
涙目で嫌がるだろうが、
この交渉によって百万円単位の差が出る。

ここは心を鬼にして、その「売らないよりはマシな価格」を目指して相見積もりを仕掛けるべきだろう。

私の「お値引体験談」はこちら↓
http://menchi-da.blog.so-net.ne.jp/2007-05-16
posted by 前太 at 17:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 販売戸数ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

2013年度大手ハウスメーカー販売戸数ランキング

積水ハウスの圧倒的勝利!

2013年度の大手ハウスメーカー販売戸数が出そろった。

並べて見るとすべてのメーカーがアップ。
やはり消費税増税前の駆け込み需要はすごかった。

ちなみに前年度(2012年)の販売戸数はこちら↓

2012販売戸数.jpg
そして最新2013年度の大手ハウスメーカー販売戸数ランキングはこちら↓


目




がく〜(落胆した顔)




exclamation&question




exclamation×2




犬




パンチ









2013販売戸数.jpg
*住宅産業新聞のデータをもとに椎名前太作成

1位は永久不動の積水ハウスだが、
ほかのメーカーもがんばっている。

たとえばパナホームは、大容量10kW以上の太陽光発電システム搭載の、
「エコ・コルディス」が同社初の単一商品で年間1千棟を超える受注となり、
戸数アップに貢献した。

一般的に10kw以上の太陽光発電システムを採用すると、
片流れの大屋根となり、北側斜線のためによほど大きな敷地でないと建築が難しい。
しかし、同商品は北側の棟の高さを抑えながら大屋根を実現。太陽の光をより多く集めることに成功している。

slide3_home[1].gif
パナホームHPより


このように各社販売戸数を伸ばしたため、
業績も過去最高記録が続出。
くわしくは次回紹介する。

とはいえ、問題は2014年度。
駆け込みの反動減でどこもかなり苦戦中。

こんなときこそメーカーの底力が明らかになるはずだ。

底力といってもつまりは「値引き力」かもしれないけど。
住宅ローン減税やすまい給付金↓もあるし、
http://iehikaku.com/article/377255121.html
安く買うなら今年がチャンスかな??
posted by 前太 at 09:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 販売戸数ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


●スポンサードリンク●



需要供給