●スポンサードリンク●



おーぶ

2014年02月28日

ダイワハウスの建築費が半額になるキャンペーン開催中!

正解者全員が割引対象に!

大和ハウスの最上位シリーズ「xevoΣ(シーヴォ・シグマ)」が発売された。

concept_main_01.jpg

おもな特徴には次のようなものがある。
・地震の揺れを3分の2に軽減する耐力壁「ディー・ネクスト」を採用
・構造躯体に80ミリ角(従来60ミリ角)の鉄骨を採用。垂直荷重に対して1.29倍の強度に
・業界最高クラスの2.7メートル天井高
・最大7.1メートルの開口幅
・Q値1.9
・坪単価67万7000円から


大和ハウスでは、同商品の発売を記念して4月20日まで、
「広すぎた密室」キャンペーン↓を開催中だ。
http://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/shohin/xevoSIGMA/sp/index.html

3つの謎解きに挑戦し、
全問正解者の中から抽選で1名に対し、
建築費の50%(上限3500万円)を負担する。

同社の平均棟単価は約3000万円。
くわしくはこちら↓
http://menchi-da.blog.so-net.ne.jp/2013-12-30

と、いうことは1500万円もお得になる。

また、正解が第1の謎のみでも全員に1%分、
第2の謎までなら全員に3%分を負担する。

たとえ1%でも約30万円の負担減だ。
地震に強く、明るい家を希望するなら挑戦したい。

posted by 前太 at 09:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイワハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

ダイワハウスが北欧インテリアブランド「ボーコンセプト」とコラボ

本体価格3000万円なら90万円分のインテリアを贈呈

以前、積水ハウスとインテリアショップ「アクタス」のコラボ住宅↓を見学したことがある。
http://www.sekisuihouse.com/products/c/asobu/flash.html

もともと北欧家具が好きな私は、
その木目を活かした統一感にメロメロキスマーク
大至急自宅用に、
ベッド、PCデスク↓、AVラックなどをオーダーしてしまった。

デスク.jpg

やはりインテリアは統一感が大事!パンチ

そこでこのたびダイワハウスが北欧のインテリアブランド
「BoConcept(ボーコンセプト)」
とのコラボ住宅
「BoConcept × xevo(ボーコンセプト×ジーヴォ)」を発売した。

ボーコンセプト.jpg
ダイワハウスHPより


ボーコンセプト↓は
http://www.boconcept.co.jp
1952年にデンマークで創業。
デザイン性と機能性を両立させたモダン家具は、
オーナーの好みに合わせてサイズ、素材、色をカスタマイズできる。
現在世界59カ国で260店舗を展開している。


同商品は、
ボーコンセプトが似合うことをテーマとした、
30代から50代の男性向けの企画提案型住宅。

2種類の内外装が選べる。

外観は白と黒のコントラストが引き立つ外壁で、
シンプルなフラットルーフ(陸屋根)とシェードルーフ(片流れ屋根)の都会的なデザイン。

内装は落ち着いたダークブラウンを基調とした「アーバンシックモダン」と温もり感のあるベージュやアイボリーを基調とした「アーバンライトモダン」を提案。
リビング・ダイニング・キッチンは、無垢のフローリング床やウッドブラインドを標準仕様とすることで、木質感を演出。
また、壁紙は本物の石や木材、コンクリートの風合いが感じられるものを採用している。

構造は木造軸組み。
本体価格は2250万円から3000万円(太陽光発電システム約3kw搭載)。
特典として契約金額の3%相当のボーコンセプト商品を贈呈する。
3000万円の家なら90万円分だわーい(嬉しい顔)

我が家を建てたとき↓に一番想定外の出費&選択に悩んだのが家具。
http://menchi-da.blog.so-net.ne.jp/2007-02-23

「リビング・ダイニングを一式ちょっといいものを」
なんて考えると、
ソファ        30万円
リビングテーブル 15万円
AVラック       20万円
ダイニングテーブル 15万円
ダイニングチェア  20万円(4脚分)
で簡単に100万円となってしまう。

ボーコンセプトのソファは3人掛けタイプで20万円くらいから。
けっして安くはないが、
デザインと質感を考慮すればお買い得といえるだろう。
それが特典としてもらえるならおいしい。
posted by 前太 at 09:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイワハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


●スポンサードリンク●



需要供給