●スポンサードリンク●

2021年06月15日

プロの技公開! 焼け焦げたフローリング床のリペア方法とはA

まるで絵画を描くような手作業

灼熱のバーベキューの炭をぶちまけてしまったフローリング床の階段。

1.jpg
3.jpg
2.jpg

職人さんはこの焦げ跡の一つひとつを手作業でリペアしていくという。
では、その過程を見てみよう。

@まずは、すべての焦げ跡の表面をヤスリで削って滑らかにする。
4.jpg

Aさらに彫刻刀で焦げ跡を掘る。
5.jpg

彫り終った状態↓
6.jpg

B似たような色の樹脂で焦げ跡を埋める。
7.jpg

樹脂で埋めた状態↓ まだかなり違和感がある。
8.jpg

C特に大きい焦げ跡はさらにパテを塗る。
9.jpg

D最後に水彩画の筆やパレットを使用して繊細な木目を描く。
この作業は「企業秘密なので」と撮影NGだった。

そして仕上がった状態がこれ↓
10.jpg
11.jpg
12.jpg

残念ながら完璧とは言い難い。
よく見れば「輪染みがある?」と思えるような跡が残った。

しかし、これが限界だろう。
その証拠にこの職人さんは大人気で、
作業開始まで1カ月待ちだった。
しかもその職人さんが8時間(階段3段分)もかけてくれたのだ。
納得しよう。

そもそも家の中で燃え盛る炭をぶちまけた自分が悪い。
なのでその反省から今回のリペア代にプラスして火消しつぼも自腹で買いました


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グリーンライフ 火おこし兼用火消しつぼ HOT-150
価格:1849円(税込、送料別) (2021/6/15時点)

楽天で購入






*************************************
「書籍の編集協力ならお任せください!」
年間5~6冊の本を執筆しているフリーライター椎名前太のホームページ↓


大手ハウスメーカーの最新カタログはこちらから入手!⇒大手ハウスメーカーカタログ
posted by 前太 at 11:24 | Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
「書籍の編集協力ならお任せください!」
年間5~6冊の本を執筆しているフリーライター椎名前太のホームページ↓
https://www.zenta1.com/


●スポンサードリンク●



需要供給