●スポンサードリンク●



おーぶ

2020年11月03日

新型コロナウイルス軽症者の自宅療養の基準とは

もはやコロナ禍が日常に

ついこの間まで感染者数の増減に一喜一憂していた新型コロナウイルス。
だが最近は「毎日感染者が発生して当たり前」になっているようだ。

実際にここ数日の全国の感染者数は増加傾向。


NHK.JPG
(出典:NHK)

毎日、数百人が感染している。

国は感染者のなかでも軽症者に関しては、指定宿泊施設での安静・療養を原則としている(2020年4月23日厚労省発表)。
しかし、施設が足りなかったり、育児や介護などがあってやむを得ず施設利用ができない場合は、
例外的に自宅療養も認められている。
そして国は、自宅療養者の判断基準や療養中の過ごし方なども示している。

体温計.jpg

その内容をホームズプレスで解説しています。
感染は誰にとっても「明日は我が身」。
ぜひご一読を↓
https://www.homes.co.jp/cont/press/buy/buy_01075/



*************************************
「書籍の編集協力ならお任せください!」
年間5~6冊の本を執筆しているフリーライター椎名前太のホームページ↓


大手ハウスメーカーの最新カタログはこちらから入手!⇒大手ハウスメーカーカタログ
posted by 前太 at 19:27 | Comment(0) | 連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
「書籍の編集協力ならお任せください!」
年間5~6冊の本を執筆しているフリーライター椎名前太のホームページ↓
https://www.zenta1.com/


●スポンサードリンク●



需要供給