●スポンサードリンク●



おーぶ

2020年01月20日

4月の民法改正によって不動産売買はこう変わる!

民法のうち債権関係の規定が約120年ぶりに改正

我が家のリビングには120p水槽が置いてある。

水槽.jpeg

重量約250s。
普通の木造住宅の床では耐えられない重さだ。
なので建築前に大丈夫なのか設計士に確認した。
回答は「鉄骨造なので特に補強の必要なし」

そのとおり築15年経っても床は少しもたわんでいない。

水槽床.jpeg

だが家の購入前に売主から大丈夫だと言われても、
実際にはたわんでしまうことがあるかもしれない。
そのような場合は、床を補修してほしいと考えるだろう。
ところが今までは、売買契約においてどのような場合に補修費用を請求できるのかの法的根拠がなかった。

そこで2020年4月1日、民法のうち債権関係の規定が約120年ぶりに改正される。
この改正によって不動産売買契約はどう変わるのか、
事例とともにHOME'S PRESSで解説しています。
くわしくはこちら↓でご確認を!


*************************************
「書籍の編集協力ならお任せください!」
年間5~6冊の本を執筆しているフリーライター椎名前太のホームページ↓


大手ハウスメーカーの最新カタログはこちらから入手!⇒大手ハウスメーカーカタログ
posted by 前太 at 11:39 | Comment(0) | 連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
「書籍の編集協力ならお任せください!」
年間5~6冊の本を執筆しているフリーライター椎名前太のホームページ↓
https://www.zenta1.com/


●スポンサードリンク●



需要供給