●スポンサードリンク●



おーぶ

2019年02月12日

木材の品質や性能などの基準を定めたJAS規格の利用拡大事業をくわしく解説!

同じ樹種の木材でも品質に差がある

木材は建築資材として非常に有用だ。
地球温暖化の原因となる大気中の二酸化炭素を固定するし、
鉄骨などほかの資材に比べて比較的安価なところも魅力。

しかしながら、どんな木材でもいいわけではない。
木材の品質、性能、大きさ、形状などの一定基準を定めているのがJAS規格(日本農林規格)制度。
これは農林水産大臣が制定した基準を満たす商品にのみJASマークを付けることができる任意の制度だ。
つまり、このマークがついている木材で建てられた建物は、より安心できるということだ。


国は、非住宅分野の建築物などに対して「JAS構造材利用拡大事業」を行っている。
その内容をホームズプレスにてくわしく解説しました。
一般ユーザーにとってJAS構造材を使用しているか否かの確認ができることは、
建物に対する安心材料になるはず。
ぜひご確認を!
https://www.homes.co.jp/cont/press/buy/buy_00856/

木材.jpg


大手ハウスメーカーの最新カタログはこちらから入手!⇒大手ハウスメーカーカタログ

椎名前太ホームページ あなたの「心から納得できる家」が簡単にわかる!
http://www.zenta1.com/

タグ:JAS構造材
posted by 前太 at 18:26 | Comment(0) | ホームズプレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


●スポンサードリンク●



需要供給