●スポンサードリンク●



おーぶ

2017年12月08日

C体重40kgの大型犬でも滑らない床材へのリフォーム工事が終了!

毎日思いっきり走り回っています。


大型犬対応の床材として、
フローリング、
フロアタイル、
コーティング、
タイル、
を比較検討して最後に残ったのが
タイル。

そのなかでも
「大型犬でも滑らない」
とメーカーからお墨付きを与えている

LIXILタイル:コルディアーレ

を選んだ。

工事の段取りは次のようになる。

1.家具・水槽の移動
2.部屋の養生(壁などがキズ付かないようにビニールシートなどを貼る)
3.既存フローリング・幅木をはがす
4.タイルを貼る
5.乾かす
6.幅木を貼る
7.家具の移動

工期は月曜日から金曜日の5日間で契約。
ただし、タイルの乾き具合によっては、
家具の移動は土曜の午前になる、
と言われた。

事前に心配していたのは、
重量250s
の水槽(120p)移動。

しかし、これはプロ目線では簡単なことらしく、
養生用のシートの上に乗せて、
さっさとキッチンに入れてしまった。

6.JPG

そして初日(月)から翌日(火)にかけて
フローリングと幅木をはがした。

IMG_6843.jpg

530421527.569418.JPG

私は家で仕事をするので、
工事前は家が揺れるほどの大きな音が出ないか心配した。
しかし、実際はそこまでではなく、
仕事に支障はなかった。

そして3日目(水)から4日目(木)の午前にかけてタイル貼り。

530684535.479419.JPG

結局5日目には乾いて、
家具の移動までできてしまった。
つまり、5日間で工事終了。

出来栄えはこんな感じだ。

ビフォー
リビング全体.jpg

アフター
IMG_6872.jpg

IMG_6876.jpg

ビフォー
玄関床.jpg

アフター
9.jpg

悪くない

そして工事が完了して1カ月が過ぎた。
事前に心配していたことと結果を紹介する。

1.タイル床は寒い
⇒普段ヒートテックの靴下&スリッパを履いているので気にならない

2.硬くて足に負担がかかる
⇒普段ヒートテックの靴下&スリッパを履いているので気にならない

3.滑らない=表面がざらついているので拭き掃除がしにくい
⇒事前にサンプルを取り寄せて拭き掃除もできる程度の商品を選んだので問題ない

4.デザインが地味
⇒本当は以前の犬用サークルの床に使用していた「ライムストーン調」↓
 が好みだった。つまりもう少し白っぽいものが良かった。
 さらに以前のサークル床のタイルは1辺33pで今回は30p。
 たった3pの違いだが見比べると33pの方が迫力あっていい。
 しかし、それだと10万円以上高くなるのであきらめた。
 正直ここは妥協点。仕方がないと納得している。

犬サークル.jpg

そして肝心の犬の滑りやすさは??



IMG_7344.jpg

今のところ息子は全力でダッシュしているが滑らない。
しかし、コイツの今の体重は12s(生後3カ月)。
だから体重が増えたらどうなるか分からない。
とりあえず様子を見ようと思う。

体重20kgを超えた時点での様子はこちら!↓



大手ハウスメーカーの最新カタログはこちらから入手!⇒大手ハウスメーカーカタログ

椎名前太ホームページ あなたの「心から納得できる家」が簡単にわかる!
http://www.zenta1.com/

posted by 前太 at 17:41 | Comment(0) | 床材の張り替え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


●スポンサードリンク●



需要供給