●スポンサードリンク●



おーぶ

2019年09月30日

引越し費用を安くする7つのコツ

やり方次第で半額近くになることも!

引越しの季節といえば入学や就職する人が多い3月、4月。
この時期は当然引越し料金も割高になる。

ならばほかの月なら安いのか?

答えは「ノー」。
引越しの繁忙期には波があり、
3月、4月の次に比較的忙しいのは、
人事異動の多い9月、10月。
この時期も引越し料金は高めに設定されることが多いようだ。

だが、引越しはやりようによって相場よりも大幅に安く済ませることが可能だ。
時期を選ばなければ繁忙期の半額近くになることも。

その7つのコツを「ダイヤモンド不動産研究所」で解説しています。
「引越ししなきゃ」
「でも自腹だからできるだけ安くしたい!」
という方などはぜひご一読を!
https://diamond-fudosan.jp/articles/-/1110114

引越し.jpg
posted by 前太 at 10:04 | Comment(0) | 連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月23日

豪雨被害を軽減するためのツール「東京マイ・タイムライン」とは?

台風への備えは万全ですか?

毎日のように台風の被害が報道されている。
そのほとんどが強風によるものだが、
台風といえば忘れてはならないのが水害だ。

9月9日早朝に千葉県に上陸した台風15号。
その中心は我が家をかすっていった。
あのときは強風による「ブォー! ブブブブォー!」という轟音と、
重さのある軽量鉄骨構造の家でもはっきりと感じる揺れでほとんど眠れなかった。

そこで
「今、外の様子はどのようになっているんだろう?」

と恐る恐るカーテンをつまんでみた光景は、
45度に傾く樹々、
道路の真ん中に転がる重量50sの植木鉢、
そして、道路を川のように見せている水の流れ
だった……。

それまでは
強風=怖い
と感じていたが、これを目撃ことで、
強風+床上浸水=もっと怖い
ゾッとしたことを今も強烈に覚えてる。

現在は9月下旬。
台風は、まだまだ上陸の可能性がある。
また、最近は台風とは関係ない豪雨も増加傾向だ。

では、豪雨に対する備えをしているか?
恥ずかしながら地震用の防災グッズは揃えているが、
豪雨に対してはまったく手をつけていなかった。
そもそも何から手をつければいいのかも分からない。

そんなときに役立つのが
「東京マイ・タイムライン」
だ。
これは水害時の避難に備えた行動を時系列に沿ってあらかじめ決めておくためのツール。
具体的には「台風用」「大雨用」「急激な豪雨用」の3種類が用意され、
自分がどう行動すればいいのか書き込めるようになっている。

もちろん東京以外に住む人でも活用できる内容になっている。
くわしくはHOME'S PRESSで書いています。
ぜひご一読を!

豪雨.jpg

タグ:HOME'S PRESS
posted by 前太 at 10:47 | Comment(0) | 連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

停電時でも通常の生活を可能にする自家発電設備とは?

家庭でも使える自家発電設備にはどんな種類がある?


まず、台風15号によって停電などの被害に遭われている方々へ心からお見舞い申し上げます。

我が家も千葉県にあるが幸い北西部なので、
停電にはならなかった。

だが、朝起きると玄関脇に置いた重さ50sほどの植木鉢が道路の真ん中まで転がっていた。
(プランター類は屋内に退避させていたのですが……)

また、家から数十m離れた遊歩道では、
高さ10m近くある樹木が根元からなぎ倒されていた。

倒木.jpeg

今まで台風で大きな被害を受けるのは、比較的西日本が多いと感じていた。
それなのにまさか自宅がある地域(千葉県)で、これほど大きな台風被害があるとは……。

地球の気候変動が目に見えて感じ取れるようになってきた昨今、
どのエリアに住んでいても電気・ガス・水道といったインフラは絶対安心とは言えなくなってきた。

特に電気に関しては、
テレビやインターネットによる情報収集や料理、そして何より熱中症の予防になくてはならないものだ。
たとえ停電となっても確保しておきたい。

そこでぜひ検討したいのが自家発電だ。

・停電時でも通常の生活を可能にする自家発電設備にはどのような種類があるのか?
・それぞれのメリット・デメリットは?

そんなことをホームズプレスで書いています。
https://www.homes.co.jp/cont/press/reform/reform_00423/

posted by 前太 at 11:54 | Comment(0) | 連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


●スポンサードリンク●



需要供給