●スポンサードリンク●



おーぶ

2019年02月12日

木材の品質や性能などの基準を定めたJAS規格の利用拡大事業をくわしく解説!

同じ樹種の木材でも品質に差がある

木材は建築資材として非常に有用だ。
地球温暖化の原因となる大気中の二酸化炭素を固定するし、
鉄骨などほかの資材に比べて比較的安価なところも魅力。

しかしながら、どんな木材でもいいわけではない。
木材の品質、性能、大きさ、形状などの一定基準を定めているのがJAS規格(日本農林規格)制度。
これは農林水産大臣が制定した基準を満たす商品にのみJASマークを付けることができる任意の制度だ。
つまり、このマークがついている木材で建てられた建物は、より安心できるということだ。


国は、非住宅分野の建築物などに対して「JAS構造材利用拡大事業」を行っている。
その内容をホームズプレスにてくわしく解説しました。
一般ユーザーにとってJAS構造材を使用しているか否かの確認ができることは、
建物に対する安心材料になるはず。
ぜひご確認を!
https://www.homes.co.jp/cont/press/buy/buy_00856/

木材.jpg
タグ:JAS構造材
posted by 前太 at 18:26 | Comment(0) | ホームズプレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

究極の建売住宅とは?

「2つとして同じ家はつくらない」

・安っぽい
・間取りが平凡
・耐震性や断熱性が不安
・デザインが悪い
・どれも同じに見える

一般的な建売住宅への不満点だ。
実際に数々の物件を目を皿のようにして見てきた身としては、
多くの建売住宅はこれに当てはまる。

簡単に印象をまとめてしまうと、
「住むのに困ることはないが満足度は高くない」
ということだ。

しかし25年間、このイメージを覆そうとしてきた会社があった。
「2つとして同じ家はつくらない」
という信念を貫いてきた建売住宅会社だ。

同社はその信念のもとに年間2,300棟を建てている。
そのすべてが違うデザインだ。
しかも各立地に合わせて最適な間取りになっているという。

なぜぞんなことが実現できるのか?
その理由を解き明かした書籍の編集協力をさせていただきました。

家づくり革命.jpg

「家を建てるなら絶対に注文住宅」
「こだわりの家を建てたいが予算がない」
といった人はぜひ手にとってみてください。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

家づくり大革命 [ 小池信三 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/2/5時点)

楽天で購入





タグ:建売住宅
posted by 前太 at 10:23 | Comment(0) | 編集協力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


●スポンサードリンク●



需要供給