●スポンサードリンク●



おーぶ

2016年07月22日

2015年度大手ハウスメーカー販売戸数ランキング

ほとんどのハウスメーカーが苦戦!


大手ハウスメーカーの2015年度の業績が出そろった。
売上で言えば大和ハウスが相変わらずダントツのナンバーワンだが、
同社の強みは賃貸住宅や商業施設。
しかし、本ブログで気にするのはあくまで一戸建てだ。

販売戸数が多いということは、
没個性になるといったデメリットはあるものの、

・大量仕入れによるコストダウン
・不具合の発生も多い⇒品質向上
・クレームも多い⇒アフターフォロー体制が改善

といった好循環も生む。

そこで2015年度大手ハウスメーカー販売戸数ランキングを作成した。

ちなみに2014年度のランキングはこちら⇣
2014販売戸数.jpg
それでもって2015年度はこちら⇣





























2015販売戸数.jpg

今年も1位は積水ハウス。
ダントツの1万3612戸。

とはいえ、前年比はなんとマイナス10.8%。
売れていないのはどのメーカーも同じで、
トヨタホーム以外はすべて前年比マイナス。

どこも太陽光発電システムの設置や、
高級モデルの販促で、
1戸あたりの単価は上げている。
くわしくはこちら⇣
http://menchi-da.blog.so-net.ne.jp/2016-07-19

しかし、全体としての市場環境は厳しいようだ。
人口は減るし、空き家は増えるし、で今後はさらに苦戦するはず。

そんななか、トヨタホームに次いでがんばっているのが
旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)

マイナス幅を1.6%に留めて、
営業一人当たりの販売戸数は、
ダントツの15.5戸。

毎月1戸以上は売っていることになる。

エス・バイ・エルの5倍以上だ。
(同社の年間3戸っていうのがひどすぎるけど)

同社の営業スタイルは
理論武装&スマート
それは10年以上変わっていない。
くわしくはこちら⇣
http://menchi-da.blog.so-net.ne.jp/2007-03-14

やはり当たり前のことを当たり前にやることが大事だと、
分からされる数字でした。
posted by 前太 at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 販売戸数ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


●スポンサードリンク●



需要供給
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。