●スポンサードリンク●



おーぶ

2013年11月15日

東急ホームズに雨漏り! その修繕費は?

300万円かけて自腹で直しますか!?

台風による東急ホームズ雨漏り話のつづきです。
ことの発端はこちら⇒http://iehikaku.com/article/378354578.html

おさらいすると、
1.強烈台風のせいでサッシとサッシの隙間から大量の雨水が侵入
2.バルコニーが排水口が落ち葉などで詰まったことでプール状態に
3.バルコニーにたまった雨水があふれ2階の室内に侵入
4.2階の水がエアコンのダクトや電気の配線を伝わり1階へ侵入
5.なぜか庭に張り出す1階サンルームの天井、つまり上のバルコニーとのつなぎ目から茶色の水が浸入

オーナーは、
「1階の雨漏りは、保証外とされるバルコニーの排水口詰まりだけが原因じゃない。
保証が適用されるバルコニーと建物本体とのつなぎ目に問題があるはずだ」
と考えたが、メーカーは、
「絶対排水口の詰まりだけが原因」
と言い切る。

オーナーとしては火災保険で修繕費用を全額負担してもらえるため、
そのままズルズルと・・・・・・。
という状況でした。

さて、そこでいよいよ修繕費用の見積もりが提出された。
その金額は!?


目



ふらふら 



がく〜(落胆した顔) 



あせあせ(飛び散る汗) 



パンチ




ぼかし2.jpg

約330万円!!!


工事費用のおもな項目は次になる。
・仮設および解体工事⇒約74万円
・1階リビング修復⇒約63万円
・1階サンルーム修復⇒約50万円
・ルーフバルコニー床修復⇒約36万円

仮設および解体工事とは
1階の天井や壁の解体、2階の床合板剥がしなど。

1階リビング修復とは
天井の石膏ボード貼りや天井、壁のクロス貼りなど。

1階サンルーム修復とは
壁の石膏ボード貼りや床のタイル貼りなど。

ルーフバルコニー床修復とは
床合板張りやFRP防水塗布、オーバーフロー管交換など。

明細書の内容を一つひとつ見ていくと、
「仕方ないかなぁ」
と思う。

工事個所には詳細な図面の添付もあり、
「ここをこう修繕するのね」
ということもわかる。

IMG_3812.jpg

だが普通、一発の台風直撃で300万円の出費を想像するだろうか?
しかもハウスメーカーは、
「バルコニーの施工に問題はなかった」
といっているにもかかわらず、なんで
ルーフバルコニー床修復をするんだろう??

今回は自腹じゃないから、ゴネることなくそのまま直すらしい。
しかし、
大手ハウスメーカーで家を建てるメリットってなんだろう??
と考えさせられる出来事でした。

同時に大手メーカーだろうが、近所の工務店だろうが、
家を建てる際は、
1.窓にシャッターを付ける
2.ルーフバルコニー(下に居室があるバルコニー)はダメ
3.凸凹のある間取りはダメ

と、いう基本中の基本をあらためて思い知らされました。
posted by 前太 at 11:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東急ホームズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


●スポンサードリンク●



需要供給