●スポンサードリンク●



おーぶ

2013年08月28日

2012年度プレハブ住宅販売戸数ランキング!

1位はダントツ積水ハウス!

プレハブ住宅とは工業化住宅のことだ。
工場で部材を生産・加工し、現場で組み立てる。

大きくは4種類に分類される。
●木質系
木質系のパネルなどを構造部材とするもの
●鉄骨系
鉄骨を構造部材とするもの
●ユニット系
鉄骨または木材をフレームとした箱(ユニット)を建築現場で連結して完成させるもの
●コンクリート
PC板(工場生産コンクリートパネル)などを構造部材とするもの

(旭化成のヘーベルハウスや積水のダインコンクリートは構造部材ではなく外壁材なので別)

つまり大手ハウスメーカーのほとんどは、
プレハブ住宅なのだ。
(上記4種類に当てはまらない木造軸組工法の住友林業やタマホームは含まれない)

先日、住宅産業新聞社が2012年度のプレハブ住宅販売実績を公表した。
結果はこちらだ↓

目




がく〜(落胆した顔)




ふらふら





犬


スライド1.JPG

1位はダントツで積水ハウス。
しかも前期比31.7%増だ。
*とはいえこの増加率は前期に含まれていなかった、
木質系戸建住宅(シャーウッド)の新規計上による参考値。


同社からは先日
坪単価59.8万円(43.9坪)
というチラシが届いた。
同社の平均坪単価は約79万円↓だからむちゃくちゃお買い得。
http://menchi-da.blog.so-net.ne.jp/2013-06-07
(79万円はオプション込価格だけど)

しかもオプションとはなるが低価格で、
・ 太陽光発電システム
・ エネファーム
・ 蓄電池
・ HEMS
を追加し、フル装備のスマートハウス仕様にできるらしい。
こりゃ売れるはずだ。

2位の積水化学工業(セキスイハイム)もスマートハウス戦略が当たっている。

3位に旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)は、とにかく建て替えユーザーが多い。
つまり1度家を建てた経験がある人が選ぶメーカーなのだ。
よほど建物とアフターフォローがいいのだろう。
(内装・建具の質感は積水ハウスの方が上だと思うけど)

ちなみに中層一戸建て住宅のランキングはこちら↓

スライド2.JPG

中層とは3階以上5階以下の建物のこと。
このカテゴリーでは旭化成(ヘーベルハウス)が圧倒的だ。
なんと50%以上のシェア。
さすが鉄骨が太いだけのことはある。
狭小住宅の提案が上手いしね。

これらの数字を見て疑問に思った。
各メーカーが発表している販売戸数↓より若干少ないのだ。
http://iehikaku.com/article/366627000.html

大手ハウスメーカーが建てる家はすべてプレハブとは限らない。
顧客の希望であればフルカスタムの注文住宅を手がけることもある。
(むちゃくちゃ高いけど)
たしか数年前に鉄骨系メーカーの鉄筋コンクリート住宅を見たことがあるような・・・・・・。
数字の差はそれらだろう。

posted by 前太 at 09:11 | Comment(0) | TrackBack(1) | 販売戸数ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

お得! ミサワホームが蓄電池レンタル会社と提携

蓄電池が7割引きで使用可能に!

今、住宅業界は大手を中心に、
スマートハウス
スマートハウス
の嵐パンチ

スマートハウスとはコンピューターやデータ通信技術を利用して、
家庭内のエネルギー消費を最適化する住宅だ。

装備としては最低限
・太陽光発電システム
・HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)
・蓄電池

が必要となる。

これら装備を連係させ、
1.割安な夜間電気料金で蓄電池に充電
2.早朝や夕方は蓄電池から電力を供給
3.昼間は太陽光から電力を供給
4.余った分は売電または蓄電池に充電

といった流れで電気料金削減を実現する。

D(スマート).jpg
NEC、HPより

この削減効果は年間20〜30万円になるという。

また、災害などによる停電時も蓄電池の電力を利用することで、
10時間前後、通常の生活ができる。

蓄電池.jpg.gif

NEC、HPより




そんなエコで便利なスマートハウスだが、
大きなデメリットががく〜(落胆した顔)

費用がめちゃくちゃ高額なのだもうやだ〜(悲しい顔)

太陽光発電で150万円
HEMSで30万円
蓄電池で200万円
合計約400万円

くらいする。

40坪の家なら坪単価10万円アップだ。

国からの補助金だの、
個々のハウスメーカーの値引きだの、
でぐんぐんシェアを伸ばしているようだが、
数百万円単位の負担増には変わりがない。

「スマートハウスが当たり前になるのは、まだまだ先だなぁ」
と思っていたら、
かなりお得なサービスが開始された。

ミサワホームが蓄電池レンタル会社(ONEエネルギー株式会社)と提携したのだ。
http://www.misawa.co.jp/misawa/news_release/misawa/pop-up/release-pages/2013_08_01/

レンタル料金は10年間契約で、

月々5145円!
(東京都限定なら3045円!)

ということは10年間の総支払額は、
約62万円!ぴかぴか(新しい)

購入すれば200万円程度するものだから、
約7割引き
ということになる。


image130801ORIXJ.jpg
オリックスHPより


「でもレンタルだから10年後は返さなきゃいけないんでしょ?」

と思うだろうが、
家庭用蓄電池は携帯電話と同じリチウムイオン電池。
充電を繰り返せば容量が小さくなってしまう。
そもそも寿命は10年程度なのだ。

もし、10年後も蓄電池を使用したければ、
そのころはさらに高性能・低価格な商品が出ているだろう。

ちなみにこのレンタルでは、
利用期間中に一定以下の性能になると交換してくれるサービスも付く。

これは買うよりかなりお得だ。

posted by 前太 at 05:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミサワホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

ダイワハウスが北欧インテリアブランド「ボーコンセプト」とコラボ

本体価格3000万円なら90万円分のインテリアを贈呈

以前、積水ハウスとインテリアショップ「アクタス」のコラボ住宅↓を見学したことがある。
http://www.sekisuihouse.com/products/c/asobu/flash.html

もともと北欧家具が好きな私は、
その木目を活かした統一感にメロメロキスマーク
大至急自宅用に、
ベッド、PCデスク↓、AVラックなどをオーダーしてしまった。

デスク.jpg

やはりインテリアは統一感が大事!パンチ

そこでこのたびダイワハウスが北欧のインテリアブランド
「BoConcept(ボーコンセプト)」
とのコラボ住宅
「BoConcept × xevo(ボーコンセプト×ジーヴォ)」を発売した。

ボーコンセプト.jpg
ダイワハウスHPより


ボーコンセプト↓は
http://www.boconcept.co.jp
1952年にデンマークで創業。
デザイン性と機能性を両立させたモダン家具は、
オーナーの好みに合わせてサイズ、素材、色をカスタマイズできる。
現在世界59カ国で260店舗を展開している。


同商品は、
ボーコンセプトが似合うことをテーマとした、
30代から50代の男性向けの企画提案型住宅。

2種類の内外装が選べる。

外観は白と黒のコントラストが引き立つ外壁で、
シンプルなフラットルーフ(陸屋根)とシェードルーフ(片流れ屋根)の都会的なデザイン。

内装は落ち着いたダークブラウンを基調とした「アーバンシックモダン」と温もり感のあるベージュやアイボリーを基調とした「アーバンライトモダン」を提案。
リビング・ダイニング・キッチンは、無垢のフローリング床やウッドブラインドを標準仕様とすることで、木質感を演出。
また、壁紙は本物の石や木材、コンクリートの風合いが感じられるものを採用している。

構造は木造軸組み。
本体価格は2250万円から3000万円(太陽光発電システム約3kw搭載)。
特典として契約金額の3%相当のボーコンセプト商品を贈呈する。
3000万円の家なら90万円分だわーい(嬉しい顔)

我が家を建てたとき↓に一番想定外の出費&選択に悩んだのが家具。
http://menchi-da.blog.so-net.ne.jp/2007-02-23

「リビング・ダイニングを一式ちょっといいものを」
なんて考えると、
ソファ        30万円
リビングテーブル 15万円
AVラック       20万円
ダイニングテーブル 15万円
ダイニングチェア  20万円(4脚分)
で簡単に100万円となってしまう。

ボーコンセプトのソファは3人掛けタイプで20万円くらいから。
けっして安くはないが、
デザインと質感を考慮すればお買い得といえるだろう。
それが特典としてもらえるならおいしい。
posted by 前太 at 09:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイワハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


●スポンサードリンク●



需要供給